森羅万象退屈至極。

やっぱり書きたい。

相方に、話した日。

相方とは、本当に付き合いが長いです。15年。
自分が就職した先の上司でした。
やたらと真面目で、黙々と作業をする人で、無駄話はあんまりしない、「仕事しやすい人」でした。


自分も、黙々と仕事をする方だったし、力仕事も家の環境のせいか、得意だったので、率先してやっていました。
当時の相方は自分の事を、「変な人だなぁ」と思っていたんだそうです。
「変わってて、面白そうだなぁ」と。←



基本、愚痴を言わない人なので(男の愚痴はあんまり好きではない)、よく、音楽の話で盛り上がってましたね。まさしく、自分の理想というか。
酒を呑みながら、メタルバンドの話ばっかしてたなぁ。
まぁ、今もですけどね。酒は呑まなくなっただけで、基本スタンスはあんまり変わってないかな。




そんな相方なので、いざ、打ち明けた時も、「そんな気はしてた」と言ってくれました。
「でもね、それを認めるわけにはいかないよ。」とも。
その時は、子供も居たので、当然ですよね。
事ある毎に、「母親になったんだから、もういいじゃない」
と、言われてしまいました。


でも必死に話し合いを重ねました。
「頼むから認めてくれ」と、懇願しました。
「離婚したくないから、ちゃんと向き合って欲しい」と。



理解されなければ、子供を連れて家を出る覚悟でした。
本来なら、逆なんでしょうか、これは。
「理解はするけど、自分は自分で在れば良いじゃないか」
と、何度も言われました。


確かにそうかも知れない。
ただの我が儘だとも、承知の上です。
別に女で生きたくないとか、そんな話ではないんです。
違うんです。



「相方と親友になりたいから、自分の事を、相方に認めてもらいたい」んです。「認めてもらわなければ、嘘になってしまう」
「相方との関係を、夫婦ごっこで終わらせたくない。」
「真剣だからこそ、ちゃんとした形で向き合いたい。」




対外的な形など、どうでも良い。
「夫婦」と周りに扱われても良い。
相方が嫌だと言うなら、離れても仕方がない。


始めは、頑なに認めようとしなかった相方。
当然ですよね、「変なヤツではあるけど女性だ」と思っていた相手が、そんな事に必死に食い付いてくるんですから。
相方にとっては、「性自認」など、気にもした事がない事ですし、何より、「性同一性障害」など、知りもしなかった。



なので、二人で、それについて調べたりしました。
「男性脳女性脳テスト」や、「ホルモンと薬指の長さ」とか、色々、相方なりに、調べてくれました。



結果は、お察しかも知れませんが、全て「男性」でした。
「性同一性診断」も、「早急に診療される事をお薦めします」となるし、相方も困ったかも知れません。
というか、その診断が出る度に、落ち込むのは自分でした。
「やっぱり「女らしくない」と言われてたのに、女だと信じていたのに、やっぱり此処でも否定されるのか。」


「自己」が、襲ってくるみたいな感覚です。




意味不明ですよね。
「認めてもらいたい」と言いながら、「男」だと言われると、打ちのめされるという。矛盾。です、本当に。



「男な筈はない。そんなわけあるか。」
と、捩じ伏せてきた報いかとも、思いました。



そこからは、更に話し合いを重ねました。
本当に真剣に、親友として一緒に居たいから、どうするべきなのかを、模索しました。
相方としては、「確かに女性として見れなかった部分もあるから、納得は出来たけど、離婚はしたくない。」


「人間としてみれば、面白い人だから。確かにもう、男性として見れる部分の方が多いかも知れないし。」
「あとはやっぱり、一緒に居て、話ながら決めるよ。」


と、一応は認めてくれました。
娘はその当時八歳だったのですが、話した時に、
「ママはね、ママっていう人間だから良いよ。」と、言ってくれました。
「他所のお母さんと違うとか、もしかしたら友達に言われるかも知れないけど、もし言われたら、、」と話している途中で、
「大丈夫!ママしか嫌だもん!他所のお母さん怖い人多くて嫌だけど、ママは優しいから、ママがいいの!」


「女らしくない」のに。
ちゃんと乳すらまともに出なかったのに。
子供はこんな自分でも、ちゃんと見ていてくれました。



まだ、本当には理解はしていないでしょうから、ゆっくりゆっくり、話していこうとは思います。




今では相方も、認めてくれています。
「名前とか考えた方がいいかなぁ」と言うので、「別にそれは何でもいいよ。」と返すと、娘と二人で何やら名前を考えてくれてました。
完全に遊ばれてる気がするのは、自分だけかな。←





だからといって、「母親」をやめるつもりはないです。
子供には、死ぬまで母親を貫きたいです。
やっと、自分を、認めてやる事が出来そうです。


「自分のままで良いのだ。」
「しっかり自分を認識しながら、ちゃんと役割を全うしたい。」
「役立たずのまま、終わりたくない。」



目指すは、「いかりやの母ちゃん」です。
自分が目指せそうなのは、多分、あの人かなぁ。←
娘には、笑ってもらえています、今のところは。




また次回。