森羅万象退屈至極。

やっぱり書きたい。

「お疲れ様」に癒される。


相方、今日の帰宅時間が遅かったんです。
「先に休んでていいよー」とは言ってたんですが、娘が自分の夜更かしの口実も兼ねて(笑)「待ってるよー」って。


んで、帰って来て、「ただいまぁー」の後に、娘の、
『はぃー、お疲れ様ぁー』の声に、破顔。(笑)


『うわぁー、癒してくれぇ~』って抱きついて、よしよししてもらって、しみじみしてやんの。娘パワー凄まじい!
な?「家族」って良いだろうよ。
こんなん「対外では味わえない」んだって!


俺も知らなかったの!実は!←
姉貴にそうされてから、やっと気付いたクチですの!(笑)




突っ張って尖って、「一人でもいいもん!」って言ったところでさ、「独り」になるだけなんだよ。
「孤独を楽しめる人」なら良いけど、でも、ちゃんと「誰か」と居た経験があって、自律しながら楽しむのと、「傷付くのが怖いから、一人で居たくないけど一人で無理矢理楽しみを探している」のとでは、やっぱり違うんだよ。


「自分はどっちなのか」を知っていれば、「どうすれば良いのか」も考えていけると思うんだよね。



子供の前でだって、「大人ぶる」必要はないし。
ちゃんと「自分を開示してくれる相手」なら、子供も嬉しいし、「接したい!」って思えるんだよね。
他のお子さんは違うタイプも色々いるけど、どんな子供であれ、「親が素直じゃないと」素直になれないよ。


よしよししてる娘は、嬉しそうだったもんよ。
相方も癒されたからか、優しい口調になってたし。


よきかな、よきかな。(笑)



せっかく「家族」に成れたんだ。
この場所を全員にとっての「安全な場所」にしたい。
誰かに癒して欲しいのなら、「察してくれ」ではなく、「素直に言えば良い」と思います。


ただ、行き過ぎは良くないよ。
最低限は「自分でも癒せる術」は持っておかないと。
疲れてたり、調子が悪かったりの時は、無理せずに「開示」してくれさえすれば、望む事はしてあげられる。
何ならコチラが考える「よりよい方法」を提供する事も、「一緒に考える事」も、可能なワケですやん。


それを知る為の、「会話」なんです。
それが足らんから、ギスギスするんですから。



皆苦労してるのは知ってる。
今の小学生だって、とっても大変ですよ。
大人だって、「大人であらねばならないプレッシャー」があるし、糧にする為の仕事を維持する為の健康管理の為の時間調整の為の精神の安定の為の、、、ああああああ!!みたいな(笑)


とにかく、全人類、大変です。


だから、「お疲れ様」。
こう言いたいし、言い合いたい。
そんで同じドアから、それぞれの「戦場」へ。
それぞれが一生懸命生きて、頑張って、疲れて、
また同じドアに「帰って」来る。


その時に聞こえる「お疲れ様ぁー」の声は、何よりの癒しになると思うんです。
お互いが「素直になれる間柄」ならば、ね。



これが、自分の理想なんです。
難しい事じゃないと思うんですよね。
ただ、「会話」して「思いやり」してるだけなので。


相方は、「それが出来ない人の方が多いと思うよ。」と言ってましたが、それはそれで、寂しいですね。
「やっぱりさ、カッコ悪い面は見られたくないよねぇ。」
「娘だから、特にそう思うのかなぁ。」って言います。



おいおい、子供をナメるなよ。
ほんの少しカッコ悪いくらいで嫌うような子供なんて居ないんだよ、「カッコ悪いのを必死に隠してる方がカッコ悪い」事くらい、うちの娘でも知ってるわ、と。
そして娘のせいにするな!


「カッコ悪いのを赦せてないのはお前さんの方だ!」



自分で自分を赦せなければ、しんどい!知ってる!
もう嫌というくらいに経験してきてっからね。
良いの!鎧は外で着るモンなの!(笑)
自分は鎧は無いけど、だからプライドもありません!(笑)


鎧を作るとプライド高くなるんだからね!←
頑丈であればある程プライドの塊になって、そんで中身は全然変わらないから、鎧の重さに耐えられなくなってくるよ!


だから、「無条件に癒してくれる人を欲しがる」んだよ!



相方のあの破顔っぷりと、娘のゲームしながら片手間によしよししてる姿が、何だろう嬉しかったよ。
俺と姉貴を見ているみたいだった!(笑)



家族、って良いっすよね。


何より、「一緒に」って、良くないですか?
ほら、致す時とかもさ、イク時一緒にイケたら最高じゃないですか?←
いや難しいんだけどね!なかなか高度な、、、(笑)
涎出そうになるよね!←
姉貴限定だけどね!(笑)




ハイ阿呆です。また次回。