森羅万象退屈至極。

やっぱり書きたい。

子供の遊び。


さぁて、今日はプラツリさんで「インク」にします。
特にコメントは無いが、我が師匠の「あバンギャるど」の作曲クオリティは流石です(笑)
無理しちゃいけないの師匠!弾けるのは知ってる!←
娘は何故だか師匠の事は好きじゃないくせに、師匠の曲は大好きという、謎の乙女心。


まぁ、歌詞がね、面白いのは認めますが。←




本題行こっか。


『子供の遊び』。


今我が娘は小学の四年生でございまして。
もうすぐ思春期に突入するのかしないのかの年頃なんですが、学校で休み時間に流行ってる遊びがね、なんと、、。



『消しバト』。
(消しゴムを使ったベーゴマみたいな遊び、らしい。)



昭和だろうが平成だろうが、ネット社会だろうがなんだろうが、子供の遊びはあんま変わらないんですね。
学校っていう、ある意味閉鎖的空間に居れば、どんなに知能が昔の子供に比べると発達していても、「思い付く遊び」は、年相応であるのですなぁ、と。
ドッジボールや鬼ごっこ、お絵かきに、消しゴムや鉛筆を使った勝負遊び、、。
自分が子供の頃と、あんま変わらない。


ルールはアホみたいに色々増えてますけどね(笑)



で、娘も血が騒ぐワケですよ。
作るの大好きな子供なので、「いかに勝ち残れる消しゴムを作るか」に拘って作り続けておるワケですよ。
「新しい消しゴム欲しい」って言うからさ、「あぁもう使いきったのね」と買い与えれば、何に使うかと思ったら!
『分解し解体し、組み直した消しバト用アイテム』
に姿を変えちゃうんですよ、まっさら消しゴムが!



面白そうで何よりだ(笑)
こんなのね、大人になったら出来なくなるんだよ、子供のうちに謳歌しておけるモノは謳歌しておかんと!
その為の出費にしては安上がりだし(笑)


という事で、力作。
我が家の兄弟分が一緒に映ってますが、コチラ。




トレイに乗ってるヤツなんですが、娘曰くは、
『細長いのが意外と勝ち残るんだー、耐久は卍型の消しゴムの方があるんだけどね、どっち使おっかなぁー。』
ですってよ。
何か彼女なりの拘りが色々あるみたいです。


この遊び、割と男女入り雑じりで流行ってるらしいので、かなりな参加人数になる時もあるとかで、「消しバトやりたいけど、それ専用の消しゴムがない友達」の為にと、この後いくつか製作しておりました。(笑)
それは別にいらねんじゃね、、?←
まぁいいか。



今日も雨降りでしたが、娘のクラスは騒がしく楽しく過ごせたようで何よりでございます。



また次回。