森羅万象退屈至極。

やっぱり書きたい。

白魔女、黒魔女。


某猫プロジェクトの事ではないですよ。
やった事ないので、よく知りません。←



娘は、大いに我が家の影響を受けておりまして、音楽が大好きなのです。学校でも、歌の時間楽器の時間、楽しんでおるそうでございます。
自分は、音楽の時間キライだったんですけどね。←


そんなこんなで、我が家にて音楽鑑賞中の折。


「evanescenceのヴォーカルは白魔女か黒魔女か。」


という話で盛り上がっておりまして。
自分は、「黒の気がするなぁ」なんて言ってたんですが、娘は、「私が好きなんだから、白!絶対白!」となって。
いやいや、もう一個あるんだよ、白っぽいバンドが、と。


で、紹介したのが「within temptation」。


自分的には、こちらのヴォーカルの方の声の方が白っぽい気がしたので、聴かせてみました。
「Frozen」とか、その他数曲。
そしたら、「こっちもキレイな声だけど、黒っぽい。」



と言うので、では映像を観ようじゃないかと。
こういう時にお世話になりますYouTube。←




両バンド、見終わって感想は、、、



「evanescence」=黒を経ての白魔女。
「within temptation」=最初っから黒魔女。



という結論で、和解致しました。
娘はやっぱりevanescence派のご様子。
自分はwithin temptationで鳥肌が立ってしまう派です。←


どっちもキレイな声なんですが、力強さはevanescenceの方が上?なんだろうか。
当初の見解が当たったとご満悦の娘は、意気揚々と自主学習。


「何書いてんの。」
との問いかけに応える事なくカリカリ、カリカリ。




出来上がりがコチラ。




うぉ。凄いじゃねぇですか。
やりますな。


家紋まで書くとは、さすが将来歴女と、相方に言われるだけあります。
「イラスト部に入りたかったー」という彼女の想いが詰まった一枚。



もう一枚がコチラ。





もはや当時の自分では友達にすらなれないレヴェル。



娘の笑顔と、努力が、本当に嬉しい一日でした!
(因みに本人に掲載の許可はちゃんと取りましたよ。←)





また次回。