森羅万象退屈至極。

やっぱり書きたい。

赦されたい。と思う気持ち。

実家には昔から、犬がいました。
父親の趣味?で、ドーベルマンでした。
自分が産まれる前に一頭(一匹って言えないデカさ)、その後に一頭(本当にデカいのマジで怖いの)。


その、後から来た一頭、のお話。




もうね、デカいんです。吠える声も何もかも。
子供の頃は、あの大きな声が怖くて、傍を通る時は耳を塞いでいないと、心臓が破裂しそうでね。(大きな音キライ)
なのに、父親に、その小屋っていうかガレージを犬用に作り替えた広い場所の掃除と餌の用意を任されて。


これが1日の内で一番の苦行だったかも。←



小学生程度の背の高さだと、丁度犬の口の辺りに自分の顔が来るくらいの大きな犬だったので、小屋掃除の最中とか、いつか食い殺されるんでないのか、と本当に恐怖でした。
そして餌用の箱なんて炊飯器の中のヤツ使ってたんですけど、噛み痕が半端無い!ボロッボロ。←
自分もいつかああなると思ってました。


掃除はデッキブラシ、
コンクリートをゴシゴシガシガシと擦り倒して。
その間ヤツは、ガレージのシャッターの向こうを通る通行人に向かって吠えまくるので、耳を塞ぎながらデッキブラシをどう使おうかと、途方に暮れたモノです。




ある日父親に、その恐怖を必死になって伝えてみたんですが、
「アイツは賢いで、そんな事せえへんわ。」
なんて笑うばっかりで、聞いてもくれなくて。
泣こうが何を言おうが、「はよ行ってこい!」って。
号泣しながら、ガレージへ行って。
「声出せや。喋ったらアイツも解りよるさかい。」っていう父親の言葉を信じて、必死で話しかけてました。←
多分父親は違う意味で言ったのかも知れない。?




でもそれも、続けていくと、向こうも慣れてくれたのか、ちゃんと言う事を聞いてくれるようになりました。
家の事情で、「友達と遊びに行ったり来てもらったり」を禁止されていた自分にとっては、ある意味話し相手みたいになっていきましたね。一方通行ではありますし、ヤツにとっては迷惑千万だっただろうとは思いますが。


いつしかガレージに掃除に行く時間が楽しみになりました。
大きな声は、相変わらず怖かったけどね。←




そんなヤツにも、お別れの時が来てしまって。
父親はああいう人だったので、動物病院とか(その当時あったんですかね?)連れて行かない派の人で、死因とかは何も解らなかったんですが、掃除も餌も自分が任されていたので、自分の責任だと叱られました。
お正月の時だったかな。


皆の年賀状を取りにポストに行って、ヤツに、
「今日めっちゃ寒いな!雪やで!後で来るさかいな!」
って声をかけましたが、ガレージは静かで。
「寝てるんかな」とか思っていて、気にしてませんでした。


後でガレージに来て、冷たくなったヤツを見て、そこからはあんまり記憶にありません。
ただ、ヤツの亡骸を、トラックの後ろに積んで、父親と弟と一緒に畑に埋めに行って。


「こんなところ入ったら、マーサー寒いやん。」
って、鼻血拭きながら思っていたのは覚えています。
「お前も一緒に入ったれや。」と父親が、真っ赤な目をして言うので、本当に入ろうとしたら、止められて。
「コイツはもう死んだんや!生きてるお前が入る場所ちゃうねん!」って、頭叩かれて。


マーサーに泣きながら謝り続けました。
「こんなトコ入るんは、自分のせいや。」って思って、それから毎日、学校帰りは畑に寄って、話しかけに行きました。
花置いたり、給食のパンとかお供えしたり。


昭和の自営業なので、お小遣いとかもらえないので、何も買えなかったので、給食ぐらいしか思い付かなくて。
家に帰りたくなかったなぁ。
ずっと、そこに居て、おばあちゃんがわざわざ車イスで呼びに来てくれて、夜父親に叱られてました。


家の中では、自分が殺したと言われていたので、ずっとそう思っていたので、作文に、書きました。
「マーサーごめんなさい」って、タイトルだったかな。




先生が、泣いちゃって。
後で呼び出しされて、職員室で、抱きしめられました。
「アナタは悪くないの。頑張ったのよ。」
「悪くないの、悪くないわ。」
って。ずっと言われました。


記憶にないだけかも知れませんが、当時は母親にも、おばあちゃんにも、そうされた事が無かったので、先生がぎゅーっと抱きしめてくれる意味が解らず、棒立ち状態で、されるがままでしたが、


「悪くないのよ、頑張ったのよ、ただ頑張ったのよ。」


と呪文のように繰り返されていたら、
何だかぶわぁーっと、泣けてきて。
情けない話ですが、しゃくりあげて泣いてました。



それまでの泣き方は、歯を食い縛って泣くみたいに泣いていたのですが、あの時は、ヒェッヒェッ言いながら。←
しばらく一緒に泣いて、落ち着いてからの帰り、またマーサーに報告に行きました。
何となくですが、胸の支えがとれたみたいで、スッキリしてた気がします。





今思い返すと、あれは、「赦し」だったんですね


「許し」ではなく、「赦し」。





今回、お騒がせしてしまった件で、自分が尊敬している方に、
「アナタはアナタで良いですよ。」
と言ってもらう事で、自分が楽になれたのは、
多分、「赦されたい」という思いがあったからかと思います。


たくさん、苦しい経験を乗り越えて来られた方の言葉は、
時に厳しい時もあり、同時に、何よりも「真っ直ぐ」です。
とても真剣だし、とても、誠実でありました。
少なくとも、自分にとっては。


あの時の先生と同じ、言葉の温度のある、「赦し」でした。





ただ打ち明けて、「許される」のとは違います。
それは、「状況」を許されただけですから、やっぱり、響いてくるものが、断然違うのです。
「弱くて良いんだ」「間違えてしまった自分でも、それを認めてもらえる人が居るんだ」「頑張って来たんだよ、と、そう思っても良いんだ」、、、


「自己暗示」でも、全然構わないと思います。
自分の場合は、その言葉をいただいてからは、楽になりました。




尊敬している方に、方々に笑われないように生きたい。
自分に守れるものを、守って生きていきたい。
中途半端な人間でも、「だから」、出来る事はあります。


デカい事はやりませんし、出来ませんが。
それでも、目の前の家族を笑わせてやる事は、「自分にしか」出来ないので。
頑張ろう、と思えるのです。




「自分にしか、出来ない事もある」んです。




しかして。
自分もいつか、誰かを「赦せる」ような、そんな人間になりたいものです。本当に毎日、勉強ですね。


先ずは、こんな夜更かししている自分にドロップキック。←





また次回。




ああそうだ。
自分、凄くハナが利くんですよ、相方にも犬呼ばわりされます。
その度に、


「当たり前やんけ。マーサー後ろにおんねやさかい。」


と、返しております。←
いつも、ありがとな。マーサー。

うーん、、、


最近、すこぶる勉強しまくって、色々なサイトやブログや、たくさんの意見を見ながら、考えております。
ネットって、凄いなぁ。
そして皆さん、言葉のボキャブラリー?が半端無い。


およそ日常的には使われないであろう様々な言葉が並び、そしてそれらにはしっかり、「根拠」であったり、「説明」であったり、「一方通行になり過ぎない自己表示」がされてある。


テーマがテーマだけに、とても真剣に、時に辛辣な意見であり、時に人間らしい一面を覗かせ、共感が増えていく。




アホ高卒程度の自分の学力では、読むだけで精一杯だ。←
こういう時に、「もっと勉強しとけば良かった」って言うのでしょうかね。
いやいや、今からでも遅くはない!
なんて思いながら、拝見しております。



特にそれらについて書いたりは、残念ながらこの頭の悪さでは出来そうにないので、書けませんが、
それらを読んで改めて自分を鑑みると、
「身体が女性である」という紛れもない「事実」を疑う事は、時代もあったのか、環境だったのか、今も無理ですね。



「それが嫌だ」と言える程の自己意識は、無いかなぁ。


ただ、やっぱり自分から見て、「男性は同性、女性は異性」に認識されてしまうのは、これ何なんですかね。
「男性脳である」というのは、幾つかの診断を相方としていますが、これが関係するんでしょうか?
男として育てられてきたわけではありませんが、周りが男性ばっかりの環境だったので、そう刷り込まれている、とか。


いや、でもそれは関係ないか。
父親は、「男らしい人」ですが、女三人の末っ子でしたし。
余計に「男らしくあろう」としてきたのかなぁ。




頭悪いと大変ですな。自虐的。←



相方も今では、「僕より男らしい考えで腹が立つ事もある」と言うくらいなんですが、それは環境のせいでしょうし。
謎。ひたすら謎です。
「性自認」、、皆さんはどうなんでしょうか。


まぁ、今解っている事と言えば、「自分は変なヤツ」って事くらいですかね。←
相方や娘と共に居ると、顕著です。顕著。
彼女達にことごとく首を傾げられてしまうのは何故だ!←





だって物を運んでる時にぶつかったら、自分の手や足が痛くなくても、「物」につられて「痛っ」て言うじゃないか。
靴売り場行ったら、靴のゴムか何かの匂いに、「そのゴム、ぎりぎりと噛みたい欲求」が出るじゃないか!
シャワー浴びてたら口に唾たまるでしょうよ!
雷が鳴ったら外なんか歩けないって怖くて!


特定のクッキーの「砂みたいな食感」に鳥肌立つだろうよ!
子供の頃、道にポイ捨てしてあったゴミを見たら、通り過ぎれず拾って帰って叱られて、「ゴミが呼んでる気がしたから」とか言わない?←
風船怖くない?
子供の遊ぶ施設なんかで、風船だらけの部屋みたいな遊び場があったら、「爆弾がいっぱいやん」とか思わない?


炭酸ジュースのキャップが怖くて開けられないんだ!
「プシュッ!!」って嫌だ!耳塞ぐ!←




、、、以上の事、全く理解してもらえません。





これなー、誰に言っても「ビビり」って言われるのよ。
まぁもういいや、それでも。(拗ね気味)




また次回。

イメージ。


小さい頃から、ホラーマニアだった母親に叱られた時には必ず、「ホラービデオを正座して見せられる」という謎の罰を受けて、小学2年の頃の夏休みの日記に、
「ジェイソンはかわいそうだと思います。」と書いて、これまた謎の賞状を貰った事があります。


今となっては母親の真意も去ることながら、何故学校が賞状をくれたのかが、解りませんです。←
「ただの日記」なんですけどね。




そんな自分のイメージ、とは。


「おなべ」「おかま」「おとこおんな」、、、まぁ色んな差別的嘲笑を受けて、自己否定の塊のような人間でしたので、「逆にじゃあ、男と女って何だろう?」と考えていました。
勿論、環境もあるので、そんなにいつもいつも考えていたわけではありませんが、言われないように、気を付ける為には、周りを見るという術を、身に付けなければと。


「女らしく」が大嫌いで、「男みたい」が大嫌いでした。
皆と同じ「人間」なのに、皆に「違う」と言われる。
一部の人々にだけだったら、そこまで気にしなかったんでしょうが、家族にまで言われてしまうのが一番辛かったかな。




「男」と「女」。


自分の中では永遠のテーマかも知れない。
どちらかに、特に「自分を知りもしない他者に」イメージを「決めつけられてしまう」のは、キツいです。
性分の話なら、こんなに拘らなかった。
「サバサバしてるよね、男みたい。」とか、
「ナヨナヨしてるよね、女みたい。」とか、色々あるでしょうが、「こうだから、こう見える」のなら、納得出来たんです。


言われれば傷付くのはどちらも当然ですが、「理由が解るから」納得は出来たんですよね。
ちなみに、そう言われた事は一切ありませんでした。



ただ普通に生活していただけなのに、
「なぁなぁ、お前ほんまは男やろ。」とか、「女やったらさ、何で男とばっかり遊ぶん?」とか。
「こちらに理由を求められる形で」決めつけられてしまえば、やはり混乱してしまうと思います。


「お母さん、おらへんし。」で通してた時もありましたが、これは、「相手にそれ以上聞かれないための手段」であって、「本当の理由」かどうかは、解りません。
自分でも、卑怯な手を使ってしまったと思います。




彼ら彼女らの真意も、もう解りませんが。
「とりあえず自分は気に入らない存在なんだな。」と思うには充分過ぎる程の事を言われてきました。
このヒネクレ度合いを、よく相方と話します。


「坂上忍と、メッセンジャー黒田は何が違うのか」論。←



自分はどちらかというと、黒田寄りだそうです。
「人間不信になりきれなかったお人好し」と、相方に言われます。確かに、そうかも。←
「人間は怖いけど、でも、良い人間も居る。ただ、自分と深い交流も無い人間には、近付いてきて欲しくない」と。


「自分が信頼したい相手にだけ誠実であれば良い。」


傲慢に聞こえますが、寧ろ、それが精一杯なのです。
なので自分は、一般的な、社交的な場所には出向きません。なるべく。
買い物も、文字通り「買いたい物を買いに」行きます。
相方はその逆で、「買いたいものがあるかも知れないから、色々見て回りたい」と言います。
「結局何も買わない」という事なんてザラ過ぎですが、相方曰くは「楽しい」らしいです。
共感は出来ません。←



商業施設も、苦手です。
ここが個人的には、娘に申し訳ないかな。
「楽しみ方を教えてあげられない」というのがあります、小さい頃からそれこそ、「遊園地」「動物園」行った事ないので、「どれが楽しいのか」解らないんですね。


今では、相方が手本みたいにしてくれるし、何より娘が、「私が教えてあげるから、一緒にやろう!」と、手を引いてくれるので、少しずつ「自分なりに」楽しみを見つけようとしています。
レゴランドとかね。
何だろあの広さ。眩暈がしたよ。
あの建造物?とか見るのは楽しかったけど、スタッフの貼り付いたみたいな笑顔にドン引きしてたよ。


「さあ!楽しいでしょ!楽しいんだよココは!」みたいな。
「接客業の大変さ」を、再度痛感したかも知れない。←



こんな具合にヒネクレてしまっています。
「素直になれない」とかなんだろうか。
そんな事よりも、船とか建物のデカさに圧倒されたり、どっからか突然聞こえてくる、無駄に大きな音にビビり倒して。←
その度に娘からは、「もー大丈夫やってー」と言われ、
相方からは、「犬みたいなリアクション」とからかわれ、
それでも、楽しそうにしてる二人を見るのが好きで。



「これぞ、欲しかった家族!」とか、1人でニヤニヤしながら後ろをついて歩いています。
この光景が見られるなら、もういいや。と思ったりもするけれど、やっばり、「女らしくない」自分では、行き届かない娘へのケアや、社交的な会話が克服出来ない事で、閉鎖的になってしまう申し訳なさも、見ない振りは出来ないので。


娘や相方に、しっかり見習おうと思います。




ちなみに相方と娘に、自分のイメージを聞いてみたところ、
「よゐこの濱口優。顔じゃなくて性格が。」
「違うよ、ロッチの中岡。」
「いやいや、『なんて日だ!』の人!何だっけ?」
「あ!わかった!サンドの冨澤!」


何故か全員芸人さんなのは、自分の出身地のせいなんだろか。←
お笑い大好きな娘のイチオシは「NON STYLE」と、「ミキ」というね。





また次回。